はじめまして、ブログ運営者のDebby(デビー)と申します。
このブログにお越しいただきありがとうございます。

私はこれまで、こことは別に,ライブドアブログにて趣味特化ブログを4年ほど書いてきました。

そこでは自分自身について、詳細にお話しをしてきませんでした。

ですが、人生を折り返したいま、これから自分はどうしたいのか、何をすべきなのか、自問自答するようになりました。

転機となったのは、ここ数年で迎えた人生の曲がり角、「更年期」


急激な体調の変化に気持ちが追い付かず、仕事への意欲の衰えや、体力の低下に抗えない自分を持て余してしまう毎日を過ごしました。

その状況に加え、世界中を襲った新型コロナウイルスの感染拡大。昨日まで普通に生活をしていた人がコロナウイルスにより重症化し、急激に悪化するなどの知らせをニュースで聞く毎日が、続きました。

そんな現実と、なかなか上向かない体調が、私の中で何かを変えたのです。

そして昨年、私は自分の中で、大きな決断をすることになりました。

それは、「更年期離職」
5

25年以上、正職員として勤務した官公庁を、2022年3月末で、早期退職したのです。
それは、口で言うよりも、苦渋の決断でした。
退職にあたり、自分の入庁後の経歴を見返した時、知る人が見れば、どちらかというとうらやましがられるキャリアを歩いてきました。
4


もちろん、毎日終電、土日も出勤という激務もありましたし、やりたくない仕事もしてきました。

ですが、いまとなっては、その組織でしか経験することができない、歴史的な大きな仕事にも携わることができましたし、普通の生活をしていたら、決して会うことができない人にもお会いできた、そんな素晴らしい日々だったのです。

そんな貴重な仕事をなぜ、手放したのか。

3


それは、あまりにも苦しい更年期障害による体調不良が、私の身体を襲ったから。

体調不良による不可抗力とはいえ、当たり前のように毎日過ごしていた日々を失ったとき、私はあらためて、仕事というその大切さを思い知りました。

ありがたいことに、現在、少しづつ体調は上向きになってきました。

しかし、これから避けられない「老い」という現実に向かいながら毎日を生きていくんだな、と思った瞬間、子供がいない私は、自分の中に残るちっぽけな経験と知識を、ブログという媒体に残していこう、そう思ったのです。

私のもつ経験や知識は、欠片のようなものかもしれない。

でもそのひとかけらで、誰かとなにかを共有できるなら、これまでの人生も無駄ではなかったね、と思いたいのかもしれません。


DEBBY STYLESというブログ名は、STYLEの複数形です。

DEBBY流、DEBBY風、私が表現するスタイルは一つではありません。

新もあれば旧もあり、硬もあれば柔もあるんです。

徒然の思いや趣味の韓国談義など、気軽にお付き合いくださればうれしいです。


画像:Canva